読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々過ごすブログ

とりあえず文章を書いてみよう、というブログですね

ubuntuのブートローダが壊れたけど、Live環境から「boot-repair」を使って無事修復できました

Windows XPがサポート切れしたこともあって、Linuxメインに乗り換えようと画策した結果、やや面倒なことになった。

 

元々、ubuntuWindowsデュアルブート環境だった我が家のPC。

しばらくubuntuの方を放置している間に、大量のアップデートが溜まっていたので、まとめて適用する。

それで、再起動してみると、ブート先のOS選択画面までは進めるものの、ubuntuが立ち上がらない。

エラーメッセージを便りに調べてみると、GRUBが壊れている、と言う症状らしいことが判明。

要するに、変なアップデートの仕方をしてしまったがめにブートローダが読み込めなくなってしまったのだ。

 

とここまでが前置き。

解決策を探して色々調べて見たところ、最近のubuntuではボタン一発でGRUBを修復する手段があると言う情報を得る。

boot-repairなるGUIでイカすツールが存在しているのだ。

さて、残る問題は、ubuntuが起動しない状況で、ubuntu上で動作するツールを実行する方法である。

Linuxに慣れた人には既にお馴染みの方法だろうか?

そう、Live CDを使うのである。

 

用意するもの

 ・ubuntuのLive CDかUSBなどにインストールされたubuntu環境

 

これだけ。要するに、メインのubuntu以外で起動できる何かしらの環境があればよいと言うことだ。

ちなみに僕は、CD-Rが無かったのでUSBメモリの方を選択した。

こちらは、Windows環境から、下記のツールで構築。

 

ubuntu isoはこちら

Ubuntuの入手 | Ubuntu Japanese Team

USBメモリにisoを焼いてくれる

窓の杜 - 【REVIEW】さまざまなOSのインストール“USBメモリ”を手軽に作成できる「UNetbootin」

 

ということでブータブルUSBメモリをサクッと手に入れることに成功。

続いて、作ったUSBメモリを本体にさして、BIOSのメニューを開いて「USB-HDD」から起動できるように変更。

この辺の操作は、マシンによって違うので説明は省く。僕のPCでは、「起動後のディスクチェック中にDELキーを押す」でメニューが開いた。

Boot Driveの設定を見つけ出せれば、変更してF10とかでsaveするだけだ。

 

さて、USBメモリ中のubuntuが起動したら、左上のDashホームからターミナルを検索して起動。

次のコマンドを順番に打ち込んで行く。

 

~$ sudo add-apt-repository ppa:yannubuntu/boot-repair

~$ sudo apt-get update

~$ sudo apt-get install -y boot-repair

~$ boot-repair

 

これが何をしているかというと、一行目でPPAのリポジトリを追加し、二行目でリポジトリのパッケージリストを取得、最新化している。

そして三行目でインストールだ。

オプションの -y は、途中の確認メッセージにすべてYesで答えると言う意味。

 

四行目を実行すると、boot-repairの画面が表示されるので、おすすめの修復(recommended repair)をクリック。

f:id:tylerhandstone:20140506182648p:plain

処理が終わったら再起動。

見事にubuntuが回復しているはずだ。

 

Linuxが難しいのなんて、本当に過去の話ですよ。そりゃちょっとばかり、コマンド打ったりはするけどね?

僕のようなLinux初心者でも、ubuntu程度をまったり普段使いする分には、そんなに困ることも無いのかもしれない。